VOLCANOISE

Archive

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
作家ステイトメント「根源的暴力」
作家ステイトメント「根源的暴力」
高嶋英男個展「空壺の人」
高嶋英男個展「空壺の人」
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋  壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
鴻池朋子  Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木「The Knock」Vol.1
大小島真木「The Knock」Vol.1
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ  作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
動く人間 04 : 福森伸
動く人間 04 : 福森伸
ULTRA   3 New Artists
ULTRA 3 New Artists
動く人間 03:笹尾千草
動く人間 03:笹尾千草
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
東恩納裕一 After the Picnic
東恩納裕一 After the Picnic
ミミオ図書館&試写会 in 東京
ミミオ図書館&試写会 in 東京
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1

鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement

あ++++

“Earhshine” (2013) 部分

 

 

私は自分の肉体は「物質」ではなく、自分が最初に内的な体験をする「場所」であると感じています。そして作品とは、肉体という内界から異界へと移動する為の、ある種の道具のようなものと考えています。又、私が作品を室内のみならず、様々な屋外へと展示するのは、場とその道具をつかう(鑑賞する)観客との関係を重視するからで、鑑賞とは、その時その人に、たった一度しか起こりえない出来事、縁、イベントのようなものだと思っています。

 

作品のひとつ「屏風」も境界を表す建具です。古代日本では、生活で使う建具や道具は、自然という神様との交信道具(呪具magic tool)で、あの世とこの世を媒介できる機能があると考えられていました。屏風に描かれた頭蓋骨のモティーフも、死の象徴というアレゴリーとは違い、呪具として人々を守るものでした。古代、道は異界へ続くものとされたので、道の辻や、道とつながる門には頭蓋骨を置き、外からの邪霊の侵入を封じたそうです。また獣の体と人の脚を持つモティーフも、人間と野性の境を往還する形をしています。屏風が空間に設置されることで、そこは内界と外界とをつなぐ境の場所となり、観客は作品を介して異界へと挑むことになります。

 

立体作品の鏡のモザイクで覆われたオオカミは、大人一人が跨がってのる乗り物のように、私たちを何処かへ連れていこうとしています。空間に広がる鏡のきらめきは、他者からの光を反射した光で、それは夜、太陽の光に照らされて浮かび上がる月の光と同様です。人間も人口の光を獲得し、一見自らが発光しているかの様に振る舞いがちですが、本来は他者の反射で見えてくる「月」の立ち位置と似ています。私は他者の光を借り、闇の中で見えてくるものにこそ、何か強く生命的な物を感じます。

 

このように、私の作品は、主体的に何かを表現しているというよりは、主体(主観)とは反対概念にある「場所」に働きかけようとします。そして、作品がそこに設置されることで、見えない場のエネルギーを動かし、鑑賞者たちの肉体さえも媒介として、内なる何かが異界(異次元)へ「移動」(shift)することにあります。移動とは身体の再生であり、鑑賞者たちの感覚の再編成が行われるのです。

 

また、私が異界という「目に見えない世界」と果敢に関わろうと試みるのは、今、人々の「見る」という概念が、明らかに次の領域へ移行しようとしているのを、強く感じているからです。例えば、私達は、地球規模での深刻な環境問題を抱え、世界中がかつてない分岐点に立たされています。いかにしてこれまで主体であった人間中心の視点から執着を外し、他の生物無生物を含めた地球の中の小さな一部分であるという視点がもてるかどうか。人間中心視点から逃れることなど一見不可能のように思えます。しかし、人間は共存という新たなる可能性を探り、ものを見る鑑賞者たちの身体は、すでにその目に見えない世界を感じようと欲しています。あとは私たちアーティスト、表現者自身の問題だと思います。

 

私は日本という揺れる島に住んでいます。サンアンドレアス断層を持つカルフォルニアも、同様に地震の多い場所です。古代より、こうした大陸プレートがぶつかり合う場所に住んでいる人々は、小さな震動や幽かな匂い、目に見えない異変を感じとれるような、第六感が柔軟に開く身体を持っているように思います。そういった鑑賞者の身体感覚と作品とこのギャラリーの場とによって異界が出現し、現代の神話がアーティストではなく鑑賞者によって、豊かに物語られていくのを楽しみにしています。

 

鴻池朋子

 

 

う

“Earthshine” (2013) 部分

 

 

ESweb3

“Earthshine” 制作風景 (ミミオスタジオ) 
 
 
 
お 
“another place” (2013) (ミミオスタジオ庭)
 
 
 
© Tomoko Konoike