VOLCANOISE

Archive

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
作家ステイトメント「根源的暴力」
作家ステイトメント「根源的暴力」
高嶋英男個展「空壺の人」
高嶋英男個展「空壺の人」
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋  壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
鴻池朋子  Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木「The Knock」Vol.1
大小島真木「The Knock」Vol.1
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ  作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
動く人間 04 : 福森伸
動く人間 04 : 福森伸
ULTRA   3 New Artists
ULTRA 3 New Artists
動く人間 03:笹尾千草
動く人間 03:笹尾千草
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
東恩納裕一 After the Picnic
東恩納裕一 After the Picnic
ミミオ図書館&試写会 in 東京
ミミオ図書館&試写会 in 東京
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1

ULTRA 3 New Artists

★ EMERGING DIRECTORS’ ART FAIR : ULTRA 005に出品する3人の若手作家

ULTRA 005 詳細>>http://volcanoise.com/date/2012/?cat=5#1534

 

 

 

東北に住んでいることから、食べること住むことと同様に、着ることは寒さをしのぐためにも不可欠なことだった。動物は、毛とその間の空気の層により体温を守り、服がなくても寒さに耐えられる。毛だけを纏う動物を見ることは、人間のミニマムを見ることのような気がした。人間は何があれば生きていけるのか、何を守ろうとしているのか、答えは「身一つ」だと思った。人間は、必要があれば手を動かして道具をつくり、足を動かして探しに行く。そのシンプルさを、生活のなかで重要な服という媒体で表してみたい。身体の形、特徴、それを知ることから湧き出る感情、想像力、様々な選択を通して自分の身体について感じることができる服。そして、その身体は変化する。このテキスタイルの模様は、葉が落ちた部分が茎となり、その上にまた葉がつくという杉科植物の循環から着想をえている。布を動物の毛のように纏い、身体の変化と共に布が形を変えることで、自分にとって必要なものを発見する。

 

★ULTRAの会場では、作家が布を観客の身体に合わせて、様々な形にフィッティングいたします。

 

人間は生活のなかで水、食物、そして骨までも入れておく器が必要だった。器は土から生み出され、やがてそこには装飾が施されるようになった。始めは生活の必要性から生まれた器は、しだいに彼らの生活や文化が装飾や絵となり刻み込まれ、やがて必要性を越えた力を生み出す。人間の起源を辿る物語すら模様と化して、器に残されていった。このような器としての壺に、今度は今を生きる私が現代の物語を描いていくのが「壺」シリーズ。

私は絵を描くとき、”ここに描いている絵は大きな世界と物語のほんの一部にすぎないんだな”と、いつも思う。それは心を震わせる様な景色に遭遇した時と似ているのかもしれない。その景色をカメラで撮ろうとしても、写るのはその雄大さの一角に過ぎないように。だから機会があると、キャンバスに描ききれなかった所を見せられないかと、いろいろ試している。キャンバスの周りに絵を繋げるようにして描いてゆくのも、その内のひとつだ。小さなキャンバス1つが始まりとなって周りに絵が広がっていくことは、世界を見る視野とアングルを広げる。そうして描いていくと、土地と絵が結びついて、私も見えていなかった一角が現れてくるのだ。

 

★ULTRAの会場では、新作(キャンバス作品)の周りに作家が絵を描く、公開制作をいたします。 

 

 

 

「バカ踊り」の映像を制作したきっかけは、八郎潟の願人踊りを見ている時、お客さんがオナラをしたのに、演者が全く無視して台詞どおりに演じきったことへの違和感だった。昔だったら、民俗芸能は場のアクシデントや雰囲気を即興的に取り入れ、笑いを広げていったんじゃないかと思う。民俗芸能が保存や保護の対象になったことで形骸化しているように見えて、「守る」よりも「つくる」というもっと生き生きした発想があった方がいいなと思った。一回全て壊して、たとえ低俗でも原点みたいなものを提示したい。「バカ踊り」は、自分にとっての民俗芸能で、低俗や猥雑に一番近いのがバカになることだと思った。もともとNYでパフォーマンスをしたり、東京で演劇をやっていたけど、その後は秋田に戻り、つくることを一度やめた時期があった。でも、どうしても抑えられなくて再びつくり始めたら、パフォーマンスでも演劇でもない、自分のやり方をようやく掴めてきたような気がする。今は、制作活動と同時に、社会福祉士として秋田県潟上市の福祉施設で障害のある人たちとケーキを作っている。