VOLCANOISE

Archive

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
作家ステイトメント「根源的暴力」
作家ステイトメント「根源的暴力」
高嶋英男個展「空壺の人」
高嶋英男個展「空壺の人」
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋  壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
鴻池朋子  Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木「The Knock」Vol.1
大小島真木「The Knock」Vol.1
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ  作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
動く人間 04 : 福森伸
動く人間 04 : 福森伸
ULTRA   3 New Artists
ULTRA 3 New Artists
動く人間 03:笹尾千草
動く人間 03:笹尾千草
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
東恩納裕一 After the Picnic
東恩納裕一 After the Picnic
ミミオ図書館&試写会 in 東京
ミミオ図書館&試写会 in 東京
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1

東恩納裕一 After the Picnic

 

★本プロジェクトは終了しました。

東恩納裕一 After the Picnic

2012年2月11日(土)ー 3月11日(日)13:00-19:00 土日のみオープン/予約不要

★時間外、他の曜日も対応できる場合もございますのでご相談ください。

協力:Yumiko Chiba Associates

 

2003年、世田谷美術館において東恩納と共に企画した蛍光灯作品のインスタレーション「Light Bright Picnic」から9年。当時行われたトーク(一部抜粋)に加え、新たなテキストと作家インタビューを収録したアーティストブック「After the Picnic」の編集にVOLCANOISEが協力し、今や代表作ともなった蛍光灯作品をつくり続けてきた東恩納の活動を追った。この冊子と同名のプロジェクト「After the Picnic」では、東恩納が2011年以降課題としてきた絵画作品、蛍光灯、鏡や壁紙のインスタレーションなど、従来のモチーフに新たな試みを加えた現在進行形の制作に着目し、これからの展開を探る。

 

2003年、”Picnic”が見いだした蛍光灯の白い光。”シャンデリア” は、あらゆるモノを過剰に照らす異化の光として、長らく私の水先案内となった。けれど、6000(〜12000)時間をとうに過ぎた今、そろそろ、ランプの交換時期かもしれない。次はどんな光で、何を照らし出せばよいのだろう? VOLCANOISE で、その答えを見いだすことができるだろうか、After the Picnic。

 

東恩納裕一

 

 参考写真:東恩納裕一「Light Bright Picnic」2003        写真提供:世田谷美術館
 
 
 
 
<After the Picnic  Yuichi Higashionna fluorescent light works>
日本語版 ¥800 英語版¥1,000
 
企画•編集:東恩納裕一 編集協力:坂本里英子(VOLCANOISE)
出版•デザイン:dazzling & doodling 翻訳:Pamela Miki & Associates 印刷:Utrecht 
 
■「Light Bright Picnic」2003 山下裕二、清水穣トーク、斎藤環テキスト一部収録
■   藤原えりみ「Monuments to the victory of lumen facticius」寄稿
■   東恩納裕一インタビュー2011 インタビュアー:坂本里英子
  
Produced and edited by Yuichi Higashionnna Co-edited by Rieko Sakamoto (VOLCANOISE)
Published & designed by dazzling & doodling Translated by Pamela Miki & Associates Printed by Utrecht
 
Special thanks to Setagaya Art Museum, VOLCANOISE, Utrecht,
Seiichi Yoshino,Yumiko Chiba Associates, Marianne Boesky Gallery
 
 
 
★4月に東京(Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku)とブリュッセル(ART BRUSSELS)での個展開催に合わせ、”chandelier”シリーズなど、蛍光灯作品をフィーチャーする作品集『FL』(仮題)をガスブックから刊行予定。