VOLCANOISE

Archive

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
作家ステイトメント「根源的暴力」
作家ステイトメント「根源的暴力」
高嶋英男個展「空壺の人」
高嶋英男個展「空壺の人」
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋  壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
鴻池朋子  Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木「The Knock」Vol.1
大小島真木「The Knock」Vol.1
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ  作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
動く人間 04 : 福森伸
動く人間 04 : 福森伸
ULTRA   3 New Artists
ULTRA 3 New Artists
動く人間 03:笹尾千草
動く人間 03:笹尾千草
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
東恩納裕一 After the Picnic
東恩納裕一 After the Picnic
ミミオ図書館&試写会 in 東京
ミミオ図書館&試写会 in 東京
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1

大小島真木「The Knock」Vol.1

大小島真木 “道の発見者/Trailbrazer”(2013)photo : Kenji Mimura
 
 
人間の住処の扉を叩き、作家の描く絵が家に棲みつくプロジェクト
 
本プロジェクトでは、作家が個人の家の扉をノックして、天井や壁に絵を描きながら、その世界観を家に宿していきます。作家と住人との対話を通して生まれた絵は、やがて家に棲みつき、家の年月と共に変化していくことになるでしょう。
 
額の内側から壁へと絵が広がる、大小島真木の「はみ出し壁画」を見た方からの「こんな絵が家の玄関にあったら…」という一言がプロジェクトの始まりでした。そこから様々な構想を重ね、大小島が住人の眼にもなりながら、どんな絵を家に描くかを模索していきました。
 
先月、The Knock第一弾「道の発見者/Trailbrazer」が完成し、1日限りのオープンハウスを行いました。「ただの通路だった廊下が、絵が入ることによって空間になった」というのは、住人の方の言葉。絵を見るために思いもよらぬ来客があったり、作家との対話をひとりの時間に思い出したり、天井画を見るために廊下に寝そべったり。異質なものが家に入ることによって、少しずつ空間が解放されていくようでもあります。
 
The Knockは、今後も様々な場所で続けていきたいと考えています。家にこんな絵があったら…とご興味をもって頂ける方は、ぜひVOLCANOISEまでメールかお電話にてご相談ください(居住空間以外の建物についてもご相談にのります)。
 
 
★VOLCANOISE(ヴォルカノイズ)
mail : info@volcanoise.com     Tel : 03-5296-8807
 
★R不動産toolbox>>http://www.r-toolbox.jp/?p=12514
R不動産toolboxにて大小島の壁画が紹介されております。ぜひ合わせてご覧ください!
 
★大小島真木 (おおこじま まき)>>http://www.mmm.from.tv/mmm/1.htm
 
 
<The Knock 第一弾>
 (左から2番目  photo : Kenji Mimura) 
 
 
<The Knock 第一弾完成  オープンハウス(2013年4月20日)>
1日限りのspecial invitationで、完成壁画を個人宅にて公開。60名ほどの方々にお越し頂きました。
 
 
<後日談>
The Knock Vol.1で壁画を描かせて頂いた家の住人の方が、廊下に繋がる別の部屋の壁をぶち抜くことに!すると、廊下の壁画が一望できる。しかも、その壁の解体作業にVOLCANOISEも一役かうことに(もちろん業者さんにフォローされながら)。住人の方がお仕事で留守の間に、壁を破壊させて頂くという爽快で貴重な体験でした。壁をバールで壊し出したら止まらずで、今こんな感じで工事中です。
 
knock1