VOLCANOISE

Archive

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
鴻池朋子個展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー
作家ステイトメント「根源的暴力」
作家ステイトメント「根源的暴力」
高嶋英男個展「空壺の人」
高嶋英男個展「空壺の人」
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋  壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」
鴻池朋子  Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Wild Things−Where Masters of Ecstasy Are
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Artist Statement
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
鴻池朋子 Earthshine:Gallery Wendi Norris(San Francisco)
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木『遺伝子の地図ーChanting genes』
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.3
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木「The Knock」Vol.2
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木 遺伝子の地図 − chanting genes
大小島真木「The Knock」Vol.1
大小島真木「The Knock」Vol.1
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦4「舟、森吉山小屋へ到着!」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」3/13
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る」初日(3/12)
美術館ロッジ  作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 作戦3「舟、森吉山を登る。」
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
美術館ロッジ 森吉1•2作戦
動く人間 04 : 福森伸
動く人間 04 : 福森伸
ULTRA   3 New Artists
ULTRA 3 New Artists
動く人間 03:笹尾千草
動く人間 03:笹尾千草
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 1>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 2>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作者不在トークセッション Document <PART 3>
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock
東恩納裕一 After the Picnic
東恩納裕一 After the Picnic
ミミオ図書館&試写会 in 東京
ミミオ図書館&試写会 in 東京
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.2
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1
隠れマウンテン&ヴォルカノイズ Vol.1

作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock

 

 

★本プロジェクトは終了しました。

観客の想像力で作品を開く VOLCANOISE恒例「作者不在」トークセッション

作家は何も気づいていない Picnic at Hanging Rock

 

1900年の2月14日バレンタインデーにその事件は起った。

オーストラリア・メルボルンから北に80キロメートル程の、ヴィクトリア州マセドン山近くに、数百年前の火山の噴火によってできた通称ハンギングロック(首括り岩)と呼ばれる奇怪な岩山が存在する。そこへウッドエンド村のクライド女学院の生徒たちが、馬車に乗ってピクニックに向かったのだが、数名の生徒が岩山で行方不明になってしまう。いわゆる神隠し的なこの出来事は、その後、集団自殺した、誘拐にあったとか、先住民の祖霊の地である岩の“裂け目”に、生け贄として送り込まれたともいわれた。が、遺体も見つからず、その真実は何一つ解明されていない。

 

今から9年前、世田谷美術館の回廊で行った東恩納裕一のインスタレーションLight Bright Picnic(2003)は、上記の事件をもとにした映画Picnic at Hanging Rock(1975豪州)からインスピレーションを受けタイトルがつけられている。薄暗い回廊は、東恩納の“光のモンスター”によって輝き、まるでハンギングロックの岩の裂け目のように、観客の視線を呑込んでいった。そして今回のプロジェクト、After the Picnicである。

 

私たちの「光」の認識とは、常に人間の「自我」というものを形成する大事な基本理念なのだそうだ。つまり、「私」が東恩納の作品をどんなふうに見ているか、ということは = 「私」とはどんな形をしているものなのか、という認識に他ならない。2003年の山下裕二、清水穣らのトーク、斎藤環による「光」についてのテキスト、そして今回、新たに書き加えられた藤原えりみによるテキストをバスケットに詰め込んで、観客は勝手気ままにハンギングロックへと向かう。VOLCANOISE恒例、「作者不在」のピクニックトーク。ぜひ、皆様お誘い合わせの上ご参加ください!

 

★ ナビゲーターとして、藤原えりみ(美術ジャーナリスト)、鴻池朋子(アーティスト)、坂本里英子(2003年「Light Bright Picnic」企画者/現VOLCANOISE代表)が参加します。

 

 VOLCANOISE

                                        

 

<作者不在トークセッション Picnic at Hanging Rock>

■ 日時:2012年3月10日(土)19:00-20:30

■ 会場:VOLCANOISE(ヴォルカノイズ)

〒101-0021東京都千代田区外神田2-1-4 松住町別館201 Tel : 03-5296-8807

■ 定員:30名

■ 参加費:¥500(サンドイッチ、ドリンク付)

■ 申込方法:お名前、ご連絡先を明記の上 info@volcanoise.comまでお申し込みください。