VOLCANOISE

焚書 World of Wonder

焚書 World of Wonder

『焚書 World of Wonder』 絵と文 鴻池朋子

想像力は速度を増して進んでいる

¥3,800(税別)
編集:VOLCANOISE(ヴォルカノイズ) 装丁:大西隆介(direction Q)
翻訳:竹森ジニー 翻訳協力:スーザン•シュミット
発行所:株式会社 羽鳥書店

この物語の主人公は、眼には見えない想像力です。想像力は、子供とも老人ともわからない語りと共に、宇宙における生命のうねりを紡ぎ出し、一人一人の手のなかで開いては閉じられる絵本の世界を自由に駆け巡ります。そして絵本という道具が、交信のための呪具、冒険のための旅具となって、読み手と想像力との交感をおこないます。

鴻池が、この絵本を描くきっかけの一つとなったのは、「スノーボール•アース(全球凍結)」という、地球全体が凍結したことにより、生物の大量絶滅と爆発的な進化をもたらした地球史の仮説です。この全球凍結が、5億数千年前のカンブリア大爆発と深く関わり、生命誕生の歴史の1ページをぬりかえたという壮大な物語が発想源となり、一つの絵本となりました。

この絵本は、2007年に発表されたのち加筆され、2011年4月に羽鳥書店より絵本として刊行されました。軽やかなドローイングであるからこそ、画力の強さと作風の美しさが引き出されており、鴻池朋子という作家の存在意義をしめす一冊です。静かに本を閉じた時、見たこともない光景が目の前に広がっているかもしれません。「なんて すばらしいせかい」。

Tomoko Konoike   World of Wonder

Imagination picks up speed

¥3,800(without Tax)
Editing : VOLCANOISE   Book Design : Takasuke Onishi(direction Q)
Translation : Ginny Tapley Takemori   Translation Assitance : Susan Schmidt
Publisher : Hatori Press, Inc.

This picture book tells the story of invisible imagination. The imagination weaves and produces a twisted strands of life through the words of a narrator who can be either a child or an old man, and go through freely the world of picture book that readers can open and close in their hands. The picture book works as a tool like ritual implements for communing with gods, and as a travelling kit for adventures, to let a reader and imagination share the sympathy mutually.

The hypothesis in the global history called “Snowball Earth”, which shows the planet getting covered by glacial ice and that it causes mass extinction and explosive evolution of organism, motivated Konoike to write this book. This spectacular story tells that global glaciation is related deeply with the Cambrian explosion happened 5 hundred million and thousands years ago and changed drastically the history of life birth. It is the origin of Konoike’s inspiration and comes to a picture book.

Having first been exhibited in 2007, World of Wonder was expanded and published as a picture book in April 2011 by Hatori Press. This work demonstrates Konoike’s artistic raison d’être in the way its simple drawings draw out the strength and beauty of her style. When we close the book in silence, we might see a view that is completely different from what was there before. It is the “World of Wonder.”

『焚書 World of Wonder』
『焚書 World of Wonder』
『焚書 World of Wonder』
『焚書 World of Wonder』