VOLCANOISE

Archive

October 12, 2016

鴻池朋子展「皮と針と糸と」新潟県立万代島美術館

人間の思惑のみに閉じるアートに強い意識改革を求め、芸術の始まりに立ち戻って人間がものをつくることへの問い直しを試みてきた鴻池朋子の個展「根源的暴力。今回はそのVol.3として「皮と針と糸と」を開催いたします。

本展では反響を呼んでいる24メートルに及ぶ《皮緞帳》を始め、鴻池作品に多く見られる”縫う”という行為に焦点を当てます。ホモ・サピエンスが5万年前に針という道具を発明し、防寒服をつくり世界中へ旅立ってから今日まで続く裁縫は私たちの中に手芸として息づき、一方、美術からは劣るものとして周縁に押しやられてきた日常の手仕事です。しかしそこには、私たちの体内に封印されてきた痛みや喜びが豊かに縫い繕われ、新たな声となり外界へと解き放たれる力が潜んでます。

「人間がものをつくり生きていくということは、自然に背く行為であり根源的な暴力です」と鴻池は再帰的な矛盾を投げかけ私たちを挑発します。ここ新潟の土地の手触りとともに、その芸術の問いを観客とともに考え、紡いでいきます。

 

鴻池朋子展「皮と針と糸と」 
会 場:新潟県立万代島美術館会期
会 期:2016年12月17日(土)ー2017年2月12日(日)
休館日:12月19日(月)・12月28日(水)ー1月3日(火)・1月16日(月)・1月30日(月)
観覧料:一般1000(800)円 大高生800(600)円 中学生以下 無料 *()内は20名様以上の団体料金
主 催:新潟県立万代島美術館 新潟日報社 N S T
企画協力:一般財団法人セゾン現代美術館
協 力:VOLCANOISE 新潟県立美術館友の会

 

お問い合わせ:新潟県立万代島美術館
〒950-0078 新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内万代島ビル5F
TEL:025-290-6655(代表)
http://banbi.pref.niigata.lg.jp

 

 <関連企画>

鴻池朋子 アーティスト・トーク
日時:12月17日(土)14:00− 展示室にて 申込不要•要観覧券

 

アートコンプレックス&トーク「冬の遠吠え」
山川冬樹を迎えて、私たちの内奥に眠る動物の声を覚醒させ、美術館全体に新たな身体感覚の通路を出現させるひとときです。

出演:山川冬樹(ホーメイ歌手・アーティスト)、鴻池朋子
日時:12月23日(金・祝)14:00-16:00 展示室にて 要観覧券
着席希望の方は要申込(12/1〜受付、先着50名 Tel: 025-290-6655)

 

トーク「針と糸は物語る〜現代のおとぎ話を縫う」
村井まや子(神奈川大学外国語学部教授 比較文学・おとぎ話)と鴻池朋子による裁縫と物語と現実の不思議を巡るトーク。
日時:1月21日(土)14:00- 展示室にて 要観覧券
着席希望の方は要申込(12/1〜受付、先着50名 Tel: 025-290-6655)

 

ワークショップ「アートの初めてのおつかい」
参加者が作家となって、ナビゲーター(学芸員)から頼まれた”おつかい”を作品から持ち帰り、語り合うワークショップです。
日時:1月8日(日)14:00-16:00 展示室にて 申込不要・要観覧券

 

学芸員によるギャラリー•トーク
ゲスト:坂本里英子(本展企画者、セゾン現代美術館学芸員)
日時:1月29日(日)14:00- 展示室にて 申込不要・要観覧券

July 1, 2016

鴻池朋子展「根源的暴力 Vol.2 あたらしいほね」群馬県立近代美術館

7月9日(土)より、群馬県立近代美術館にて、鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほねを開催いたします。昨年開催された6年ぶりの個展も記憶に新しいなか、鴻池が「同じものではいられない」と語るように、本展では作品が加筆、組み直されて、美術館という新たな室内でのグランドスケールインスタレーションが展開されます。またアートコンプレックスにおいても、まだ開かれていない美術館の可能性に挑戦していきます。
美術館という人間のつくった避難小屋で、人間と、人間以外の者たちをことを深く考えはじめようとする展覧会です。
 
鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」
会期:2016年7月9日(土)〜8月28日(日) 
*8/6(土)は14:00より展示室内でイベントを開催いたします。
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(7/18、8/15は開館)、7/19(火)
会場:群馬県立近代美術館 展示室 1
料金:一般 610(480)円、大高生 300(240)円 
    *(  )内は20名以上の団体割引料金
    *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
お問い合わせ:群馬県立近代美術館 TEL 027-346-5560
http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/index.htm
 
●関連イベント
アートコンプレックス&トーク「あたらしいこえ」
身体から生みだされる音により、拡張される新たな鑑賞空間を体感ください。
日時:8月6日(土) 14:00〜16:00
出演 : 山川冬樹(ホーメイ歌手・アーティスト)、鴻池朋子
会場 : 展示室内
席数 : 50席(先着順)
*要当日観覧券/要申込
*お申込み方法は下記リンクをご確認ください。
http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/newbone.htm
 
学芸員による作品解説会
日時:7月20日(水)
   8月13日(土)ゲスト:坂本里英子(本展企画者、セゾン現代美術館学芸員)
   両日とも14:00〜15:00
*要当日観覧券/申込不要
 

 more info>>鴻池朋子展「根源的暴力Vol.2 あたらしいほね」

August 18, 2015

鴻池朋子展「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー

鴻池朋子の6年ぶりとなる全新作の個展を開催いたします!

 

鴻池朋子個展「根源的暴力」
会期:2015年10月24日(土)ー 11月28日(土)10:00-18:00(入場は会場の30分前まで)会期中無休
会場:神奈川県民ホールギャラリー

主催:神奈川県民ホール 企画協力:一般財団法人セゾン現代美術館  
ゲスト・キュレーター:坂本里英子(セゾン現代美術館学芸員/VOLCANOISE代表)
助成:芸術文化振興基金 協賛:株式会社  資生堂 協力:秋田県立博物館 VOLCANOISE
音響デザイン:小島ケイタニーラブ 伊藤豊(イトウ音楽社)

 

鴻池は、人類学、民俗学、考古学など多角的な方面より、アートという一言では集約できない人間の“つくる”行為を丁寧に考察し、新たな表現のための力を蓄えてきました。その集大成ともいえる本展は、過去の作品とは一線を画す、全新作で構成される大規模な個展となります。

————————

<関連イベント>

パフォーミングアーツとおとぎ話の共演!Art Complex 2015
「異界婚姻譚〜同じものではいられない」+トーク
2015年11月21日(土)19:00開演
会場:第5展示室

出演:山川冬樹(ホーメイ歌手、アーティスト)、鴻池朋子
監修:村井まや子(神奈川大学教授/おとぎ話、比較文学)

料金:全席自由/入場整理番号つき
一般2500円 学生2000円 発売:10/3(土)
詳細>>http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
*公演当日に限り本チケットで展覧会入場可

————————

鴻池朋子アーティスト•トーク
司会:坂本里英子(本展ゲスト・キュレーター、セゾン現代美術館学芸員)
2015年11月7日(土)14:00-

 

トークセッション「新しき動物たち〜アート神話の解体」
石倉敏明(秋田公立美術大学講師/芸術人類学)、吉川耕太郎(秋田県立博物館 主査兼学芸主事)、鴻池朋子
2015年11月23日(月・祝)14:00-

 

会場:展示室内(両日)
*予約不要:当日入場券にて参加可 *参加多数の場合は入場制限あり

————————

more info>>鴻池朋子個展「根源的暴力」 作家ステイトメント

 

June 25, 2015

高嶋英男個展「空壺の人」Gallery MARUHI × VOLCANOISE

高嶋英男個展「空壺の人」

Gallery MARUHI × VOLCANOISE

 

高嶋英男個展「空壺の人」Gallery MARUHI × VOLCANOISE

2015年7月11日(土)− 7月20日(月•祝)入場無料

開廊時間/11:00〜19:00 休廊日/7月13日(月)

主催:ギャラリー・マルヒ 企画協力:VOLCANOISE

 

★会場:Gallery MARUHI(ギャラリーマルヒ)

〒113−0031 文京区根津2-33-1(月曜定休/祝日除)
TEL:03-5832-9911  MAIL : maruhi.nezu@gmail.com 
 
★オープニングレセプション 7月11日(土)17:30−19:30
どなたでもご参加頂けますので、是非お越しください。
 

November 3, 2014

リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート

リマッピング日比谷プロジェクト2014 都市と森の境界に現れるアート

鴻池朋子による、日比谷をリマッピングするプロジェクト。
日比谷公園はこんもりとした森を携えながら、急速に変化する日本の近代化を日本の中心地で見守り続けてきました。
この象徴的な公園を持つ日比谷の街で、今年11月から、アートプロジェクトとシンポジウムが開催されることになりました。

アートプロジェクトでは日比谷公園や街に若いア ーティストと物語研究家たちが繰り出し、
様々な日比谷の表情を捉え、新たな「物語」を発見し視覚化していきます。
そしてこれまでの日比谷の地図を、時には示唆的な視点を持って新たにリマッピング(再編成)するのです。

またシンポジウムでは、人間が言葉を獲得し想像力を持ち、森をでて文化を形成した、
素朴で力強い場所まで立ち戻り、おとぎ話、人類学、神話学などの重層的な視点から、
アートの可能性を丁寧に語り合ってみたいと考えています。

 

会期:2014年11月21日(金)~12月7日(日)

場所:日比谷公園、日比谷図書文化館、日比谷公会堂アーカイブカフェなど

 

more info>>リマッピング日比谷プロジェクト リマッピング日比谷 Facebook

March 17, 2014

美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」

「森吉山小屋 壁画設置作戦」

来たる3月26日(水)より、昨年に引き続き、第二弾の作品、壁画が森吉神社避難小屋に設置されます。自然と人間の境界ギリギリにある山小屋は、まるで一匹の冬の獣のように吹雪を堪えながら雪に埋もれています。その獣を阿仁合の人々と掘り起こし、室内に入り、白い皮が張られたパネルに描いた大壁画を設置する予定です。

壁画が制作スタジオの埼玉県旧高麗村を出発し、奥羽山脈の北、秋田県森吉山をめざし、天候を伺いながら、圧雪車とスノーモービルで標高1,275メートルの森吉神社避難小屋へと一気に雪山を登り設置するまでの全工程470キロの道のりをFacebookで実況中継しますので、どうぞ皆様でご高覧いただければ幸いです。

 

*ぜひ下記「美術館ロッジ」を追跡ください。

http://www.facebook.com/LodgeTheArtMuseum

 

実施期間:2014年3月26日(水)~3月29日(土)

*天候により、実施期間及び内容が変更される可能性があります。

 

主催:秋田県教育委員会(担当 生涯学習課)

企画:鴻池朋子 / VOLCANOISE

協力:阿仁ゴンドラ

———————————————————————————-

美術館ロッジプロジェクト報告会
「森吉山小屋と雪の女王」
鴻池朋子(アーティスト) 聞き手:坂本里英子(VOLCANOISE代表)
 
東京のスタジオで制作された壁画が阿仁合の町を通り、
地域の人々の協力によって、森吉山まで無事運ばれる一連の流れを、
設置し終わったばかりの最新映像と共に語ります。
 
日時:2014年3月30日(日)14:00-16:00(13:30開場)
会場:カレッジプラザ 大講義室(定員50名 入場無料)
http://www.pref.akita.lg.jp/www/contents/1134380225861/index.html
主催:秋田県教育委員会(担当 生涯学習課)
 
★参加ご希望の方は、お名前、メールアドレス、「美術館ロッジ報告会参加希望」
と明記の上、FAXもしくはメールで下記までお申し込みください。
書式は自由です。定員になり次第、締め切らせて頂きます。
 
FAX:03-6730-9680   E-mail: info@volcanoise.com
お問い合わせ先:VOLCANOISE(ヴォルカノイズ)03-5296-8807

 

 

more info>>美術館ロッジプロジェクト 森吉山小屋 壁画設置作戦&報告会「森吉山小屋と雪の女王」

 

March 10, 2014

大小島真木「VOCA展」奨励賞受賞

3月15日より始まる「VOCA展 2014」に、新作を出品する大小島真木がVOCA奨励賞を受賞いたしました。

 

「VOCA展2014」上野の森美術館
2014年3月15日(土)ー3月30日(日)    10:00~18:00(会期中無休)
一般・大学生 500円、高校生以下無料

 

★シンポジウム「イメージの存在感」

日時: 3月14日(金)午後3時—5時
パネリスト:高階秀爾(司会)、酒井忠康、建畠 晢、本江邦夫、笠原美智子、片岡真実
定員: 150名(申し込み要)
場所: 上野の森美術館

 

★受賞作家によるアーティスト・トーク

受賞者が自作について語ります。
※申込み不要。ただし、展覧会の入場券が必要です。

3月15日(土) 午後3時—4時
田中 望(VOCA賞)、金 光男(VOCA奨励賞)、佐藤香菜(大原美術館賞)
3月22日(土) 午後3時—4時
大小島真木(VOCA奨励賞)、大坂秩加(佳作賞)、染谷悠子(佳作賞)

 

大小島真木出品作品「遺伝子 / Gene」(2013)

パネルに紙、鉛筆、アクリル/(各)145.7cm×97.0cm×3.4cm, 4枚パネルシリーズ作品

左から:1-原始の扉 / Primitive gate, 2-時間を開く/ Open the time, 3-生は変化する / Life translates, 4-継承される遺伝子 / Inherited genes

 

ohkojimavoca

 

more info>>上野の森美術館「VOCA展 2014」, VOCA展受賞作品 ,イベント情報 

February 15, 2014

大小島真木参加「島からのまなざし展」

東京都立美術館ギャラリーBにて開催される「島からのまなざし」展に大小島真木が参加します。
オープニング、アーティスト・トークも、どなたでもご参加頂けますので、是非お越しください!

 

「島からのまなざし」展
2014年2月19日(水) – 2014年3月7日(金) ( 3/3休館)9:30 – 17:30

オープニング:2月19日(水)15:00-17:00
アーティスト・トーク:3月1日(土)15:00-16:30
アーティスト: 池田晶紀、大小島真木、小松敏宏、林千歩、村上佳苗、吉田夏奈

 

会 場: 東京都美術館 ギャラリーB
(東京都台東区上野公園8-36)
入場料: 無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
協 力: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、ART FRONT GALLERY、株式会社ゆかい、京都精華大学、VOLCANOISE

 

more info>>島からのまなざし展

December 9, 2013

目に見えないものと対話する方法「精霊の学校」レクチャーとトークセッション

日時:2013年12月23日(月•祝)14:00-17:00(30分前開場)
場所:ココラボラトリー 定員:50名(*要予約)
 
<レクチャー>
14:00 ご挨拶とレクチャーの流れ
14:10  吉川耕太郎(秋田県立博物館)「旧石器人類の進化と芸術性の獲得」
14:50  石倉敏明(秋田公立美術大学)「精霊と冬の神話学」
15:30  鴻池朋子(美術家)「地球と想像力はリンクする〜東北の地形とアート」
16:00〜16:10  休憩
16:10〜17:00  トークセッション 参加者との対話/質疑応答
 
司会:坂本里英子(VOLCANOISE)
 
★お問いわせ・お申し込み
お名前、ご連絡先(Tel/Mail等)、参加人数を、お電話もしくはメールにて下記までお申し込みください。
 
あきたアートプロジェクト事務局
〒010−0921 秋田県秋田市大町3-1-12  川反中央ビル1F ココラボラトリー内
Tel&Fax:018-866-1559    E-mail: machi-muse@akita-art-project.net
 
more info>「精霊の学校」レクチャーとトーク
 
 

September 15, 2013

The Tokyo Art Book Fair 2013 zine’s mate

The Tokyo Art Book Fair 2013 zine’s mate に出展いたします。

鴻池朋子パブリックアート集 “Wild Things”、大小島真木個展カタログ “遺伝子の地図”、東恩納裕一”After the Picnic”&シャンデリア作品集などなど、揃えてお待ちしておりますので、是非いらしてください!東恩納裕一のシャンデリア作品も展示します。

会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
9/21(土)15:00-21:00 オープニング(どなたでも参加頂けます)
9/22(日)12:00-20:00
9/23(月)11:00-19:00
*入場無料

http://zinesmate.org/lang/jp/the-tokyo-art-book-fair

 

TABF_2013_H1_7601